ベトナムでのコロナウイルスのリアルな状況を現地スタッフに聞いてみた その③ (3月27日版)

ベトナム

株式会社カエルエックス クライアントワーク事業部の米澤です。
コロナウイルス、以前よりも全世界中で猛威を奮っていますね。特にEU圏での感染者数は中国を超える勢いですし、収束する目処が見えません。
その中弊社では、ベトナムの今のコロナウイルス感染症についての状況をご報告出来ればと思います。

28日から簡易的なロックダウンへ…

  • ベトナム政府は
    (1)市民の外出を最大限制限する
    (2)外出せざるを得ない場合、マスクを常に着用し、他人と接触する際にはできるだけ2メートルの間隔をあける。
    (3)20名以上の会議・イベント等の開催を中止し、特に事務所ビル、学校、病院等の周辺で10人以上が集まることを禁止する。
    (4)ハノイ市・ホーチミン市等において、食料、薬品、医療サービスを除き、全ての各種サービスの商店等を閉店する等の措置を求めるとのことです。

    といった形で簡易的なロックダウンを行うことを発表しております。
    すでにハノイでは飲食店などは閉店しているらしく、デリバリー等での対応のみとなっているところが多いようです。

3月22日から全ての外国人が入国一時停止に

  • ベトナム政府は3月22日付けで全ての外国人の入国一時停止が決定したようです。
  • フィリピン、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、ロシア等含め、近隣諸国でも同様の措置がとられています。
  • 原則日本人の入国も出来なくなっているようなので、渡航を検討されている方は気をつけてくださいね。

現地に駐在している日本人はどうなるの?

  • ベトナムに駐在されている駐在員の皆さんに向けて、即刻強制帰国などの措置は現在取られていないようです。
    ただし一度出国してしまうとビザの種類に関わらず再度入国出来ない可能性が高いので、現在身動きが取れない状況となっているようです。
    またビザの期限が切れてしまった場合は不法滞在になりますので、ビザの更新や帰国を強いられることになりそうです…。

感染者数は153名と激増

  • 26日夜発表の感染者数は153名と以前公開した記事より増加しておりますが、諸外国の増加数と比較するとベトナム国内の感染者数は多くないと言えるでしょう。
    ただしこの1週間で爆発的な感染増加が見られるため、今後注意が必要となります。

以上、簡単にはなりますが現在のベトナムのコロナウイルスの状況のご説明となります。
早くコロナウイルスが落ち着いて、通常通りに業務出来るようになることを願っています。

株式会社カエルエックスでは様々なサービス・コンテンツを開発しておりますので、是非ご興味ある方は下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせ頂けますと幸いです。

トップへ戻るカエルエックスにお問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました