外出自粛中なので、話題のZoom飲みをやってみました。

カエルエックス

株式会社カエルエックス クライアントワーク事業部の米澤です。

ついに東京都を含む7都府県では緊急事態宣言が発令され、外出の自粛などがより要請されるなか、弊社でも緊急事態宣言が解除される予定の5月7日(木)までの出社が原則禁止となりました。
僕もリモートワークには慣れてきたのですが、やはり自宅で1人で業務を行っているため、WEBミーティング以外で人と話すことはありません…。
そこで、今巷で話題の「Zoom飲み(オンライン飲み会)」をやってみたので、その事についてご報告致します。

Zoom飲みって?

  • 「Zoom飲み」とはオンライン飲み会の一種で、オンラインビデオ通話ツール「Zoom」を使用して行う飲み会です。
    Zoomは原則無料で使用出来るうえ、100人程度の同時接続も出来るみたいで、通常のオンラインミーティングツールとしても各社で使用されています。またリモートワークが推奨されるなかでユーザー数が1000万人から2億人に増えたのも有名です。

Zoom飲みのやり方

  • 主催者がZoomで会議室を作って、そのURLを参加者に配布するだけです。
    クローズドな飲み会ですので、パスワードを設定して同時に共有することをオススメします。
    参加者はパソコンやスマートフォンにZoomのアプリをインストールするのが必須となるので、事前に準備しておきましょう。
    無料版の場合、40分経つと自動的に会議室から退出させられてしまうので、その場合は次の会議室を同様に作成しましょう。

    あとは各自アルコールやソフトドリンクを準備して、通常の飲み会のようにお酒などを嗜みながら会話を楽しむだけです。

Zoom飲みのメリット・デメリット

  • 実際私も昨夜に弊社の代表取締役と、社外コンサルタントの3名で4時間ほどZoom飲みを行いました。そこで感じたZoom飲みのメリット・デメリットのご紹介です。

    ◆メリット
    1. 実際の飲み会ほどではないが、仕事の話から身のない話まで多種多様な会話を気軽に楽しめた。
    2. 背景などを変更出来るので、自宅を見られることなくプライバシーも確保されている。
    3. ずっと自宅にいるので、息抜きに丁度よい

    ◆デメリット
  • 1. 3名程度なら問題ないが、大人数になったときに会話が難しそう(大規模な飲み会は通常3~5人程度のグループが形成され、各自で話している事が多いですし)
    2. 美味しい料理を楽しむことが出来ない(これは自分で準備しないといけないので、大変ですね)
    3. 40分縛りが結構めんどくさい(是非有料プランに切り替えましょう…!)

Zoomは背景を変えられる…?

Virtual Backgrounds
  • Zoomの最大の特徴は、背景を自由に変更出来ることです。この機能により、部屋の中を他人に見られることなく、プライバシーが保障されます。
    私も部屋はけっして綺麗なわけではないので基本的にこれまでカメラは切ってビデオ通話に参加していましたが、この機能を使えば安心して顔を出してミーティングにも参加できますね。

以上、簡単にはなりますがZoom飲みについてのご紹介でした。
早くコロナウイルスが落ち着いて、通常通りに業務出来るようになることを願っています。

株式会社カエルエックスでは様々なサービス・コンテンツを開発しておりますので、是非ご興味ある方は下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせ頂けますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました